カーブが投げられない選手の特徴

今回は、カーブが投げられない選手の特徴をメタゲート分析班の西山さんに伺いたいと思います。投げられる選手と投げられない選手の差を知ることで、カーブの投げ方の本質が見えてきます。

聞き手:高橋

高橋

西山さん

よろしくお願いします

西山さんは、全国各地で変化球講習会を開催されてますが、の選手もカーブを投げられるようになりますか?

西山

中学生以上であれば、ほとんどの選手がその日のうちに投げられるようになります

高橋

カーブの投げ方なんて、今までさんざん語りつくされているような気がします

でも投げられない選手が多くいます

なぜなんですか?

西山

映像で見たら投げられない理由がはっきりわかります。

手元のスーパースローを見てください。リリースの時、指と指がボールに接触している時にトップスピンがかかり始めるとカーブを投げることができます。


逆に、この時にトップスピンがかからない選手は抜けただけの球になり、カーブがかかりません。

高橋

結構、はっきりと映像上で違いが分るものなんですね。

西山

選手には、「指の中でボールが回転する!!」ってメタゲート代表の小杉さんのスーパースロー見せてます。映像を見せるのが一番

ホームページから映像をダウンロードできるので選手に見せてあげてください

高橋

どうやったら指の中でボールが回転するんですか?

西山

カーブを投げる時に、ホームに投げるのではなく後ろのセカンドベースに向かって投げると指の中で回転するようになります。

言葉だけでは難しいので解説映像あるのでそれを見てください

高橋

ムチャクチャ腕が振り切れそうですね

振り切ることがポイントってことですか?

西山

そうですね

振り切れって言葉で言っても振り切れません

「セカンドに向かって投げろ!!」

これが一番振り切れます

そしてカーブもかかるようになります。ぜひやってみてください。

フォーム改善にも使います

高橋

また、変化球の解説お願いします

個人的にはフォークとか気になります

では、また次の機会に

メタゲート関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です